FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民罰恐るべし

神の罰より主君の罰おそるべし。

主君の罰より臣下の罰おそるべし。

そのゆえは神の罰は祈りてもまぬるべし。

主君の罰は詫言して謝すべし。

ただ臣下百姓にうとまれては必ず国を失う。

ゆえに祈りても詫言してもその罰はまぬかれがたし。

ゆえに神の罰、主君の罰より臣下万民の罰はもっとも恐れるべし。



再来年の大河ドラマ、黒田如水の言葉ですが、

先の衆議院選挙は、正しくこの言葉の通りだったのではないかと

私は感じております。


国民を顧みず政争に明け暮れた結果が、民罰となって表れたように思えてなりません。


もちろん、泉 ケンタ の話を聞くと

法案審議を巡っての政治的駆け引きで、

決して国民を顧みていないわけではないのですが、

むしろ国民と向き合っているからこその改革なのですが、

それでも私自身としても、国政が遠いところで行われた感が否めませんでした。


特に 社会保障と税の一体改革 採決 で個人的な意見を述べさせていただきましたように

勘弁ままならぬ想いを抱いたことも事実であります。


小沢議員がいたから、と責任を転嫁することもできません。

3年4か月前はすべて含めてのご期待をいただいたのですから。


民主党の実績を出している取り組みをメディアが報道してくれなかったせいでもありません。

全てを織り込んでの政権運営なのですから。


国民に疎まれては必ず国を失う。

祈ってもお詫びしても罰を受けるのは免れない。



正しく、民罰恐るべし


ただ、頭を低くして民罰に畏まる限りです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

堤 じゅん太

Author:堤 じゅん太
ようこそ!

【本名】 堤 淳太

【生年月日】
 1978年6月25日生まれ

【性別】  男性

【血液型】 A型

【略歴】
 久留米大学附設高等学校 卒業
 京都大学 総合人間学部 卒業
 サラリーマンを経て
     長岡京市議会議員へ挑戦
 2009年10月の選挙でトップ当選!

【趣味】 読書、ラーメン食べ歩き

【好きな本】
 星の王子さま/論語/項羽と劉邦

訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。