FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視察 @佐賀県武雄市 : FBを用いた情報発信

視察の2日目は、佐賀県の武雄市に伺いました
130221武雄市


先進的な取り組みで知られている 樋渡 武雄市長 は、

たびたびブログで取り上げている先輩である 久保田 陸前高田副市長 (過去の記事)の

師匠に当たるので、私にとっては大師匠になります。 注:勝手に言っているだけで、先方からは認識されていません。


昨年の6月議会で行った図書館の効率的運営についての一般質問で紹介した

図書館の民間業務委託化質問原稿) は 武雄市の取り組み です。


今回はフェイスブックを用いた情報発信について視察しました。
130221FB


とは言うものの、フェイスブックの活用は、情報発信の一つの手段であり、

大切なのは、いかにすれば市民にたくさんの情報を発信できるか

どのようにすれば皆さんが情報を受け取ってもらえるようになるか、ということ。


だから武雄市の市報は、表紙からファッショナブルで、ユーモアにあふれています。
130221市報
「普通のばあちゃんに戻ります・・・」これは島田洋七の「がばいばあちゃん」のPRのために結成された

平均年齢76歳の女性アイドルユニット「GA=BA」の解散を表紙に取り上げたもの。

キャンディーズのオマージュで、分かる人は思わずニヤッとしてしまいます。



情報の双方向性と、即時性に優れているFBですが、

特に災害時の情報共有化において大変に威力を発揮するとのことでした。


私も以前、避難所の状況等の情報を避難した方たち自身が提供できるような

Webページを作成してはいかがかと質問しておりました質問原稿が、

その時の回答は情報が錯そうしたりイタズラがあるといけないからとのことでした。


しかし、FBならばタイムライン上で情報を流すことができるので

これこそ緊急時の情報発信に適した手段でないかと感じました。

また、再度質問して参ります。


今回の視察で一番すばらしいと感じたのは、

職員さん自信が積極的に取り組み、しかもそれを楽しんでいる様子が伝わってきたことです。


最初の発案は市長からであっても、

中の詳細な取り組みに関しては職員さんの自主性に任せているので

どんどんとやる気と新しいアイデアが出て来るのではないかと感じました。


特に行政的な「御堅さ」から抜け出た自由な発想は

仕事を行う楽しさにつながるのではないでしょうか。


市民を楽しませるための行政サービスを目指すことは

大変に勇気が必要で、難しい取り組みではありますが、

行政と市民との距離を一息に詰めることができる大切な取り組みだと感じております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

堤 じゅん太

Author:堤 じゅん太
ようこそ!

【本名】 堤 淳太

【生年月日】
 1978年6月25日生まれ

【性別】  男性

【血液型】 A型

【略歴】
 久留米大学附設高等学校 卒業
 京都大学 総合人間学部 卒業
 サラリーマンを経て
     長岡京市議会議員へ挑戦
 2009年10月の選挙でトップ当選!

【趣味】 読書、ラーメン食べ歩き

【好きな本】
 星の王子さま/論語/項羽と劉邦

訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。